【アウェーレポート】4試合ぶりの勝点3は、チームの成長を感じさせる逆転劇から

3試合連続のスコアレスドローで迎えた明治安田J2第7節。ベガルタ仙台は、森山佳郎監督が「東の横綱」と警戒する強敵・横浜FCと対戦し、今シーズン初めて先制を許す。だが試合中の修正や攻守ともに一体感ある連係を見せ、逆転勝利。4試合ぶりの勝点3だ。

ログインでお困りの際はこちら